新幹線下 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

瀬田川の上流域に位置する新幹線下。このエリアには、新幹線と名神高速の橋桁、船着き場のマンメイドストラクチャー、地形の変化、流れ込みなどのポイントあり!夏にかけて水深1~1.5mのシャローにウィードがビッシリと生える。また水の流れが釣果に影響するため、放水量は事前にチェックしたい。今回は、<船着き場><新幹線下><名神高速道路下><漕艇場周辺>のスポット4カ所を紹介します!




【 エリア周辺情報(新幹線下) 】 <駐車場>× <トイレ>× <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(6月下旬)

映像は、『 漕艇場周辺 ⇒ 名神高速道路下 ⇒ 新幹線下 ⇒ 船着き場 』の順です。




【 スポット情報(新幹線下) 】

IMG_0711

<船着き場>

エリアの北側にある船着き場。周囲よりも水深があり、約3mほどの深さがある。それに付け加えて、マンメイドの縦ストラクチャーが点在し、バスが付きやすい場所に!川の流れの裏側、日中は日陰になる場所など状況に応じて攻めたい。テキサスリグ、ドロップショット、冬場はリアクション狙いでメタルジグを入れるのも良い。

IMG_0710

IMG_0707

<新幹線下>

瀬田川の流れがあたり、ベイトフィッシュが溜まりやすいエリア。この辺りは小さな張り出しになっていて、少し沖のブレイク(駆け上がり)と隣接している。そのためバスがフィーディング(捕食)でシャローへ上がりやすい地形になっている。また、春以降はウィードが水面近くまで伸びる。ルアーは、ブレードジグ、スイムベイト、ラバージグやテキサスリグで。過去にはロクマルの実績もあり!!

IMG_0706

IMG_0703

<名神高速道路下>

地形の張り出しや橋桁など変化に富んだエリア。水深は約1.5mと比較的浅い。最大のポイントは、小さな流れ込みがあり、ギルなどのベイトフィッシュが溜まりやすくなっている。水質は透明度が高く、春先にはサイトフィッシングでもグッドサイズが狙える!ただし、人気スポットのため人的プレッシャーは高い。ルアーは、ドロップショット、ネコリグなどのフィネス系で。

IMG_0697

IMG_0696

<漕艇場周辺>

こちらも足元の水深は約1~1.5mと浅く、夏場はウィードで覆われてしまう。春以降は、マメサイズのバスがよく釣れている。漕艇場の下は、ギルなどのベイトフィッシュが溜まりやすいので、丁寧に攻めてみたい。また護岸の最終地点で、シャローカバーを打つのも良い。ルアーは、トップウォーター、スピナーベイト、テキサスリグなど。

【 オカッパリ釣果情報(新幹線下) 】

DSC02608

DSC02619

<スポット>船着き場、<時期>8月下旬、<ルアー>テキサスリグ3/8oz 、<タックル>ロッド:7’3ft MH、リール:エクストラハイギア8.5:1、ライン:PE56lb

縦ストラクチャーに絡むウィードマットの中をテキサスリグ撃っていくとフォール中にバイト!!日差しを完全に遮る濃いウィード、そして水の流れが当たる側で反応が良かった。




1 Trackback / Pingback

  1. 新幹線下(琵琶湖オカッパリ釣果情報)2016年7月30日 – BiWAKO TRiP

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*