瀬田の唐橋 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

日本三大名橋の一つ、瀬田の唐橋。この唐橋周辺は、数カ所の船着き場があり、水深の変化と水の流れの変化が出やすいエリア!近くには公園があり足場もよいため、アングラーのプレッシャーが高い。じっくりと丁寧に狙えば、釣果はついてくれるはずだ。今回は、<唐橋北><唐橋下><唐橋南>のスポット三カ所をご紹介します!




【 エリア周辺情報(瀬田の唐橋) 】 <駐車場>× <トイレ>〇 <自販機>× <コンビニ>×




まずは動画でエリア全体をチェック!(6月下旬)

映像は、『 唐橋北 ⇒ 唐橋下 ⇒ 唐橋南 ⇒ 唐橋下 ⇒ 唐橋北 』の順です。




【 スポット情報(瀬田の唐橋) 】

IMG_0718

IMG_0719

<唐橋北>

この船着き場は、水の流れの影響を受けない閉鎖的なエリア。天候が荒れている時や流れが強い時には、バスの避難場所になっている!水深は少し深く、足元は約3mほど。コンクリートの張り出しからは、軽い遠投で橋桁にも届く。ルアーは、船着き場はドロップショット、本流側はテキサスやキャロライナリグで探りたい。

IMG_0716

IMG_0717

<唐橋下>

唐橋下の周辺は、船着き場があり川幅が少し広い。そのため水の流れが少し緩やかになっている。この船着き場と橋桁がシェードを形成し、特に夏はギルなどのベイトフィッシュが多い!ただしプレッシャーが高いため、ルアーはドロップショット、ネコリグなどでじっくり攻めたい。

IMG_0713

S__2031652

<唐橋南>

唐橋下の広くなったスペースから、元の川幅に戻るエリア。そのため水流が少し強くなり、水の流れにヨレが生まれる。また、そのすぐ隣に全長20mほどの船着き場がある。これらの変化をネコリグ、ドロップショットで狙いたい。写真のバスは、船着き場のシェードでネコリグをシェイクしてヒット!!





Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*