下物南 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

下物(おろしも)エリアは、本湖と内湖を繋ぐ水門が2箇所設置されており、北寄りの水門を『下物北』、南寄りの水門を『下物南』と分類して紹介。春になると本湖から内湖へスポーニングを意識したバスがシャローに差してくる!この水門は、本湖と内湖を行き来するバスの通り道となっている。また、水門前は周囲よりも深くなっており、バスをストックしやすい。ここでは、<本湖側水門前><内湖側水門前>のスポット2カ所を案内しよう!!



【 エリア周辺情報(赤野井北)】 <駐車場>〇 <トイレ>〇 <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(7月上旬)

映像は、『 内湖側水門前 ⇒ 本湖側水門前 』の順です。




【 スポット情報(下物南) 】

IMG_1085

IMG_1082

IMG_1083

IMG_1086

<本湖側水門前>

沖には超有名スポットの下物の浚渫が点在しているエリア。水深は、水門前が約2~2.5ⅿ、水門周辺は約1.5~2mほど。ポイントは、水門前の沖はもちろん、水門周辺のウィードフラットや足元のリップラップなどを状況に応じて攻めたい。ルアーは、バイブレーション、クランクベイト、キャロライナリグやドロップショットなど。

IMG_1077

IMG_1078

IMG_1090

IMG_1092

<内湖側水門前>

下物内湖に面するエリア。水深は、水門前が約2~2.5ⅿ、水門周辺は約1~1.5mと全体的に浅い。狙うべきスポットは、水門前の沖、岸際のリップラップやベジテーションなど。ウィードを探しながら広く探りたい。ルアーは、バイブレーション、クランクベイト、テキサスリグやキャロライナリグなど。

【 オカッパリ釣果情報(下物南)】

DSC04761

DSC04770

<スポット>内湖側水門前、<時期>10月上旬、<ルアー>クリスタルS 1/2oz、<タックル>ロッド:7’0ft M(グラスコンポジット)、リール:ローギア5.8:1、ライン:フロロカーボン14lb

当日は台風が目の前に迫り、強めの風が吹き出す。風裏を狙って内湖へ逃げると水門前でボイル発見!すかさずスピナーベイトを遠投し、ウィードの風裏側を通すとバイト!!上がってきたのは、ロクマル(60mオーバー)のビッグバスだった。

o0480085513339173552

o0480036013339173508

<スポット>本湖側水門前、<時期>6月中旬、<ルアー>RTO2.5、<タックル>ロッド:7’0ft M(グラス)、リール:ノーマルギア6.3:1、ライン:フロロカーボン16lb

ほぼ無風状態で、比較的水質はクリア。まだウィードが伸びきっておらず、トップウォーターでは水面まで遠い、バイブレーションでは速くて追えない状況。シャロークランクを潜らせて、ウィードに当てて止めて浮かせるを繰り返すとバイト!!ルアーが浮く姿勢に入るタイミングでバイトが多発した。




1 Trackback / Pingback

  1. 下物南(琵琶湖オカッパリ釣果情報)2016年8月8日 – BiWAKO TRiP

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*