下物北 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

下物(おろしも)エリアは、本湖と内湖を繋ぐ水門が2箇所設置されており、北寄りの水門を『下物北』、南寄りの水門を『下物南』と分類して紹介。春になると本湖から内湖へスポーニングを意識したバスがシャローに差してくる。この水門は、本湖と内湖を行き来するバスの通り道となっている。また、水門前は周囲よりも深くなっており、バスをストックしやすい。ここでは、<本湖側水門前><内湖側水門前>のスポット2カ所を案内したい。




【 エリア周辺情報(赤野井北)】 <駐車場>〇 <トイレ>〇 <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(7月上旬)

映像は、『 内湖側水門前 ⇒ 本湖側水門前 』の順です。




【 スポット情報(下物北) 】

IMG_1102

IMG_1103

IMG_1104

IMG_1099

<本湖側水門前>

沖には超有名スポット、下物の浚渫が点在しているエリア。水深は、水門前が約2~2.5ⅿ、水門周辺は約1.5~2mほど。下物南との大きな違いは、烏丸半島が隣接するため、北風の影響を受けにくくなっている点。水門前の沖はもちろん、水門周辺のウィードフラットや足元のリップラップも攻めたい。ルアーは、バイブレーション、クランクベイト、キャロライナリグやドロップショットなど。

IMG_1118

IMG_1106

IMG_1120

IMG_1109

<内湖側水門前>

下物内湖に面するエリア。水深は、水門前が約2~2.5ⅿ、水門周辺は約1~1.5mと全体的に浅い。近くにはマリーナがあり、ボートの往来が多い水門なので注意しよう。水門前の沖、岸際のベジテーションを狙いたい。ルアーは、スピナーベイト、バイブレーション、テキサスリグやフロッグなど。

【 オカッパリ釣果情報(下物北)】

IMG_0620

IMG_0650

<スポット>内湖側水門前、<時期>10月下旬、<ルアー>T.D.バイブレーション Type-R、<タックル>ロッド:7’0ft MHクラス(グラスコンポジット)、リール:ノーマルギア6.3:1、ライン:フロロカーボン16lb

夕暮れ直前の下物内湖。高さのあるウィードを探しながら、バイブレーションで中層を巻くもウィードが見つからず。そこでボトムのウィードにコンタクトさせ、リフト&フォールを繰り返すとバイト!!60㎝ & 7lbオーバーのビッグバスをキャッチ。バイブレーションをゆらゆらとシミーフォールさせて、ボトムにタッチする直前のバイトだった。

<スポット>本湖側水門前、<時期>9月中旬、<ルアー>バズベイト3/4oz、<タックル>ロッド:6’10ft MHクラス、リール:ハイギア7.1:1、ライン:フロロカーボン16lb

水門前周辺の湖岸沿いに溜まる流れ着いたウィード。このウィードの際をバズベイトで通していくとヒット。当日はローライトのコンディションで、ウィードに風が当たる側にバイトが集中した。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*