狼川 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

矢橋帰帆島の南端に位置する、水流の変化に富んだエリア。帰帆島水路から本湖へ合流し、さらにそこへ狼川が流れ込む。春先や本湖が荒れたタイミングでバスが上がってくる!足元は途中まで護岸され狙いやすいものの、少し高さがあるので落水に注意したい。また河口域は水深が浅く、ウェーディングでの釣りも楽しめる。今回は、<河口域><下流域>のスポット2カ所をご紹介します!




【 エリア周辺情報(狼川) 】 <駐車場>× <トイレ>× <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(6月下旬)

映像は、『 下流域 ⇒ 河口域 ⇒ 下流域 』の順です。




【 スポット情報(狼川) 】

IMG_0760

IMG_0759

<河口域>

このエリアは水深約0.5~1mと浅く、雨の日などは上流からの濁りの影響を受けやすい。狙い目は、川の中央よりも両端のカバーを丁寧に撃つと釣果に繋がりやすい!また対岸までの距離は約25ⅿほど。ルアーは、スピナーベイトやラバージグで。

IMG_0762

IMG_0761

<下流域>

このエリアも比較的浅く、水深は約0.5~1m。狙うは護岸沿いのカバーで、バスだけでなく雷魚などの釣果も上がっている。また春先は、スポーニングのビッグママに出会えることも!ルアーは、やはりフロッグやテキサスリグで狙いたい。

【 オカッパリ釣果情報(木浜4号水路)】

DSC03765

IMG_0759

<スポット>河口域、<時期>9月下旬、<ルアー>スイムベイト5inc、<タックル>ロッド:6’8ft MH、リール:ハイギア7.1:1、ライン:フロロカーボン16lb

対岸のオーバーハングへスイムベイト(オフセットフック)をキャスト。薄いウィードの上をパタパタと波打ち泳がせるとドルフィンバイト!50cm&5lbオーバーのナイスバス。夕暮れ直前のフィーディングタイムだった。(写真右はヒットエリアのイメージ)




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*