草津川 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

矢橋帰帆島内の水路北側へ流れ込む草津川。全体の水深は約1~1.5m。年間を通じて透明度が低く、護岸沿いはベジテーションに覆われる。また河口域から北へ上がると、北風の避けられる葦エリアが続き、春は絶好のスポーニングエリアとなる。その後は、ベイトの動きとリンクして、バスが河口域や下流域へ上がってくる!今回は、<河口域><下流域>のスポット2カ所をご紹介します!!





【 エリア周辺情報(草津川) 】 <駐車場>× <トイレ>× <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(6月下旬)

映像は、『 河口域 ⇒ 下流域 ⇒ 河口域 』の順です。





【 スポット情報(草津川) 】

IMG_0794

IMG_0793

IMG_0795

IMG_0798

<河口域>

河口域は全体的に水深が浅く、河口の両サイドはベジテーションのカバーが豊富でバスが付きやすい。また、沖にもウィードが散らばり、ここは広く探りたい。また橋桁のハードボトム&シェードにバスが待機していることも!ルアーは、シャローカバーにはテキサスリグ、沖のウィードはスピナーベイトやブレードジグ、橋桁にはネコリグやドロップショットなど。

IMG_0788

IMG_0786

<下流域>

水深は約50㎝ほどのシャローエリア。ボトムは砂地で全体的に水質は濁っている。バスの大半はベジテーションのカバーにつくので、パワーフィッシングのタックルで挑みたい!また春以降は雑草が伸び足元が悪い為、ウェーダー着用が必要となる。また足元には充分注意しよう。ルアーは、ヘビーテキサスリグやフロッグなどで攻略したい。

【 オカッパリ釣果情報(草津川) 】

DSC04594

DSC03678

<エリア>河口域、<時期>7月下旬、<ルアー>ブロンズアイフロッグ 、<タックル>ロッド:7’3ft MH、リール:エクストラハイギア8.5:1、ライン:PE56lb

河口域の沖に広がるウィードマット。周囲よりも濃い&水流の当たるウィードにフロッグを遠投して、ネチネチとドッグウォークさせるとドルフィンバイト!!何度も何度も同じ場所へキャストして、バスをイラつかせてキャッチした1本。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*