木浜5号水路 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

木浜1~5号水路の中でも一番南端に位置するエリア。西は本湖と繋がる内湖、東へ進むと5号水路を通り、一番奥には真珠棚が設置されている。これらの豊富なカバーや水流の変化に加えて、足場もよくオカッパリしやすいことから、アングラーによるプレッシャーは高い。今回は、<水路周辺><内湖周辺>のスポット2カ所をご紹介したい。





【 エリア周辺情報(木浜5号水路)】 <駐車場>× <トイレ>× <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(7月上旬)

映像は、『 内湖周辺 ⇒ 水路周辺 ⇒ 内湖周辺 』の順です。





【 スポット情報(木浜5号水路) 】

IMG_1303

IMG_1308

IMG_1305

IMG_1304

<水路周辺>

水路内の水深は約1~1.5m、幅は約20mほど。対岸には葦林が並び、軽くルアーをキャストしても充分に届く。水路の奥へと進むと少し開けたエリアへ到着。ここには真珠棚が設置されており、バスが付きやすい環境だ!常にアングラーのプレッシャーが高いので、じっくりと丁寧に攻めたい。ルアーは、スイムベイト、テキサスリグ、ドロップショットなど。

IMG_1324

IMG_1321

IMG_1330

IMG_1331

<内湖周辺>

この内湖は水深約1.5~2mほどで、対岸までの距離は約300mと大きな皿池のような形状をしている。本湖と繋がる水門、取水塔や桟橋などのマンメイドカバー、また岸際のリップラップや水路入口付近の葦林が並ぶシャローフラットなど変化は豊富!春になるとスポーニング絡みのビッグバスが入ってくる。ルアーは、クランクベイトやジャークベイト、テキサスリグやドロップショットで狙いたい。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*