木浜4号水路 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

一直線に伸びる木浜4号水路は、幅約20mで長さは約800m以上にも及ぶ。水深は約1~1.5mと浅く、両脇はコンクリート護岸されているため、どこからでもアプローチしやすい。ただし、水門周りと水路から内湖へ繋がるエリア以外は、単調で変化が少ないので素早く釣り歩きたい。今回は、<水門周辺><内湖周辺>のスポット2カ所をご紹介しよう!!





【 エリア周辺情報(木浜5号水路)】 <駐車場>× <トイレ>× <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(7月上旬)

映像は、『 水門周辺 ⇒ 内湖周辺(方面) ⇒ 水門周辺 』の順です。





【 スポット情報(木浜4号水路) 】

IMG_1289

IMG_1293

IMG_1288

IMG_1286

<水門周辺>

水路から護岸道路を挟んで水門を通り本湖へ繋がるエリア。木浜の沖は水の流れがあり、また一帯に点在する浚渫によってバスをストックする環境が整っている。水門の本湖側は水深約2~3mと深さがあり、南湖東岸では数少ない深場に届くエリア。水門の水路側は水深約1~1.5mとなり、ウィードのカバー周りにはギルなどのベイトが多い!ルアーは、本湖側はスピナーベイト、スイムベイト、ヘビーキャロライナリグ、水路側はテキサスリグやドロップショットで狙いたい。

IMG_1296

IMG_1298

IMG_1299

IMG_1300

<内湖周辺>

本湖から水路を通り内湖へ繋がるエリア。内湖内の水深は約1~1.5mほどで、足元はコンクリート護岸され、捨石や杭、グラスマットなどのカバーあり。春にはこの足元でビッグバスの釣果が上がっているので丁寧に攻めよう!もちろん水路の中も忘れずに。ルアーは、スイムベイト、テキサスリグやネコリグなど。

【 オカッパリ釣果情報(木浜4号水路)】

DSC04470

DSC04468

<エリア>水門周辺、<時期>5月下旬、<ルアー>クリスタルS1/2oz、<タックル>ロッド:7’0ft M、リール:ローギア5.8:1、ライン:フロロカーボン14lb

木浜4号水路の本湖側へ。水門前の沖の深場へスピナーベイトを遠投。ゆっくりカーブフォールさせ、縦ウィードのトップを感じれば水平に巻き始める。ルアーがウィードトップに当たり平打ちのタイミングでバイト!!アフター回復系のナイスバスをキャッチした。

 




1 Trackback / Pingback

  1. 木浜4号水路(琵琶湖オカッパリ釣果情報)2016年8月5日 – BiWAKO TRiP

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*