木浜2号水路 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

木浜2号水路の水門周辺には、冬場でもバスが待機できる木浜漁港がある。また春になり水路を上がると他の水路との合流地点があり、その閉鎖的なエリアがスポーニングベッドを提供しているのだろう!水路内はヒシモなどの水生植物が豊富で、ギルなどのベイトフィッシュも多い。また他の木浜水路と比べて、足場が良くないせいかアングラーが比較的少ない印象だ。今回は、<水門周辺><内湖周辺>のスポット2カ所を紹介しよう!!





【 エリア周辺情報(木浜2号水路)】 <駐車場>× <トイレ>× <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(7月上旬)

映像は、『 水門周辺(方面) ⇒ 内湖周辺 ⇒ 水門周辺(方面) 』の順です。





【 スポット情報(木浜2号水路) 】

IMG_1250

IMG_1254

IMG_1253

IMG_1256

<水門周辺>

本湖側は水深約2~3m、水路内は約1mほど。本湖側の南には木浜漁港があり、その周辺は水深の変化に富んでいる。そのため、早春のビッグバスに出くわす機会も多いエリア。ただし、漁港内は釣り禁止なので注意が必要!また水路内はウィードにつくベイト豊富で、本湖のバスが出たり入ったりを繰り返している。ルアーは、本湖側はバイブレーションやスイムベイト、水路内はテキサスリグなどで。

IMG_1237

IMG_1238

IMG_1240

IMG_1242

<内湖周辺>

水路の合流地点である内湖周辺は、水深約1~1.5mの閉鎖的なエリア。水質が安定していて水温が温まりやすいため、早春のスポーニングを意識したバスが入ってくることも。ただし、春以降は鯉や雷魚などが増えるため、水質の良いエリアを釣り歩きたい。また全体的にウィードマットで覆われており、これらのカバー攻略が必須となる!ルアーは、スピナーベイト、フロッグやテキサスリグが良い。

 




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*