木浜1号水路 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

木浜1号水路は、片側のみのコンクリート護岸が続き、対岸には葦林や足元にはブッシュが並ぶ。水門の本湖側は、沖には浚渫、周囲にはエリやテトラがあり変化が多い。そのため、春にはプリスポーンのビッグバスが入ってくる!がまた水路の上流へ上がると、徐々に幅が狭くなってくるので対岸のカバーを丁寧に狙いたい。今回は、<水門周辺><内湖周辺>のスポット2箇所を紹介しよう!!





【 エリア周辺情報(木浜1号水路)】 <駐車場>× <トイレ>× <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(7月上旬)

映像は、『 水門周辺(方面) ⇒ 内湖周辺 ⇒ 水門周辺(方面) 』の順です。





【 スポット情報(木浜1号水路) 】

IMG_1213

IMG_1208

IMG_1222

IMG_1223

<水門周辺>

本湖側の水門周辺は、水深約2~3m、水路内は約1~1.5mほど。本湖側の北にはテトラが沈んでおり、この辺りは水深があるためバスが溜まりやすい。また、水門前もバスが水路内への移動を繰り返す待機場所となっている。水路内は、湖岸道路の下や対岸のオーバーハングへアプローチしたい。ルアーは、スピナーベイトやスイムベイト、テキサスリグやネコリグなど。

IMG_1231

IMG_1234

IMG_1244

IMG_1246

<内湖周辺>

水路の上流へ向かうと2号水路や各水路と繋がるエリア。水深は0.5~1mほどと浅い。対岸に続く葦林やマットカバー攻略は必須で、ヘビーなタックルセッテイングで挑みたい!また橋桁の下は、夏にベイトが溜まりやすくなるのでチェックしよう。ルアーは、スピナーベイト、フロッグやテキサスリグなど。

 




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*