国道一号線 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

琵琶湖から瀬田川へ変わる河口域。国道一号線下にある小さな水路と本流が合流するエリアは、水深約0.5~1mのシャローフラット広がり、また沖約30mにはメインチャネルに沿ってブレイクが続く。そして目玉は、100m以上に及ぶ葦林!ここ瀬田川でパワーフィッシングが楽しめる場所は限られている。今回は、<葦林前><水路前>のスポット2カ所をご紹介します!




【 エリア周辺情報(国道一号線) 】 <駐車場>× <トイレ>〇 <自販機>〇 <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(6月下旬)

映像は、『 葦林前 ⇒ 水路前 ⇒ 葦林前 』の順です。




【 スポット情報(国道一号線) 】

IMG_0727

IMG_0730

<葦林前>


川の護岸沿いに葦林が広がるエリア。葦の奥にはウィードカバーが点在し、バスをストックしやすい。ただし、夏場は葦の高さが3mほどにもなるため、ジグを真上に放り投げる『フリッピング(ウエッピング)』のできるタックルセッテイングと技術が必要。また魚を掛けてからは、素早く強引に引き抜くパワーも必要となる。フリッパーにはたまらない、まさにフリッピン天国だ!ルアーはもちろん、ヘビーテキサスリグや1/2oz以上のラバージグで。

IMG_0726

IMG_0725

<水路前>

シャローフラットが広がるエリア。夏以降は、ほぼウィードに覆われてしまう。朝夕は、フィーディングで上がってくるバスも多い。その奥には小規模の水路があるものの、普段はあまり水の流れがない。春先には、ここで大型のバスが目撃されている!ルアーは、シャローフラットはスピナーベイトやフロッグで素早く、インレットはスイムベイトやネコリグで静かに攻めたい。

【 オカッパリ釣果情報(国道一号線) 】

DSC05290

DSC05292

<スポット>葦林前、<時期>4月下旬、<ルアー>ラバージグ1/2oz 、<タックル>ロッド:7’3ft MH、リール:エクストラハイギア8.5:1、ライン:PE56lb

葦の際をひたすらラバージグで撃っていく。周辺よりも少し深さがあるポイントで、ジグ着底後にバイト!!エクストラハイギアのリールとPEラインを使うことで、一瞬でバスを引き抜くことに成功した。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*