帰帆北橋 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

矢橋帰帆島の北側にかかる帰帆北橋。足元が石積みで護岸されており、リップラップが続くので釣り歩きやすい。この辺りは岬のような地形になっていて、水の流れが当たりベイトが回遊しやすい!ここでは、<水門周辺><橋桁周辺>のスポット2カ所を紹介します!!


【 エリア周辺情報(帰帆北橋) 】 <駐車場>× <トイレ>× <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(6月下旬)

映像は、『 水門周辺 ⇒ 橋桁周辺 ⇒ 水門周辺 』の順です。




【 スポット情報(帰帆北橋) 】

IMG_0812

IMG_0815

IMG_0816

IMG_0818

<水門周辺>

比較的幅のある水門で、水深は約1mほど。水の流れはほとんどない。両サイドはリップラップが続き、春は多くのアングラーがプリスポーンのビッグバスを狙う!あと水門の中はもちろん、水門の裏側にはカバーが形成されておりバスがついていることも。ルアーは、水門周りはテキサスリグやネコリグ、またリップラップはクランクベイトがオススメです。

IMG_0805

IMG_0803

<橋桁周辺>

橋桁周辺は、オカッパリのアングラーだけでなく、ボーターも集まる人気のエリア。この辺りは、帰帆島内を流れる水路の入り口で、凪の時は湖流を生み出し、また荒れている時は魚の避難場所にもなる。また橋桁の南側には葦が並び、このシャローはスポーニングエリアとしても有名だ!水深は約1.5~2ⅿ。ルアーは、スピナーベイトやスイムベイト、橋桁はネコリグやドロップショットで丁寧に攻めたい。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*