烏丸半島北 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

ここでは烏丸半島の岬を中心に、赤野井側を『烏丸半島北』、下物側を『烏丸半島南』と2つに分けて紹介したい。この烏丸半島北の中でも有名なのが、周囲一帯に広がるハス畑。ここにはシェードを求めてたくさんのベイトが入ってくる。また足元はリップラップが続き、ザリガニなどの甲殻系ベイトも多い。今回は、エリアの東側を<水生植物公園周辺>、西側を<琵琶湖博物館周辺>としてスポット2カ所を案内しよう!!




【 エリア周辺情報(赤野井北)】 <駐車場>〇(有料) <トイレ>〇 <自販機>〇 <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(7月上旬)

映像は、『 水生植物公園周辺 ⇒ 琵琶湖博物館周辺(方面) ⇒ 水生植物公園周辺 』の順です。




【 スポット情報(烏丸半島北) 】

IMG_1153

IMG_1151

IMG_1149

IMG_1159

<水生植物公園周辺>

半島東側に岬のように突き出る地形が特徴。春以降、この辺りはハスの花が咲き開き、多くの観光客で賑わう。護岸沿いの水深は、約1~1.5mと比較的浅い。攻略のポイントは、やはりハス畑と足元のリップラップに絡むウィードカバー。どちらもハードなカバーフィッシングを要求されるので、ヘビーなタックルセッティングで挑もう!オススメのルアーは、フロッグやオフセットのスイムベイト、またラバージグやテキサスリグなど。

IMG_1146

IMG_1156

IMG_1144

IMG_1145

<琵琶湖博物館周辺>

このエリアは植物公園周辺よりもハスの数は少ないものの、ちょっとした地形変化の多いエリア。岸と並行に護岸が続く中、沖に突き出した石畳が数カ所あり。その石畳の奥には、オーバーハングやレイダウンなどがあり複雑なカバーを形成している!また岸際の葦周りや沖のハス周りを丁寧に攻めて行きたい。ここもスナッグレスが必要となるため、ルアーはバズベイトやスイムベイト、テキサスリグを用意したい。

【 オカッパリ釣果情報(烏丸半島北)】

IMG_2041

IMG_2056

<スポット>水生植物公園周辺、<時期>5月下旬、<ルアー>テキサスリグ3/8oz、<タックル>ロッド:ZENAQ BLACKART B-3.5 Bottom Sensor (6’8ft MH)、リール:エクストラハイギア9.1:1、ライン:フロロカーボン16lb

沖にスイムベイトをキャストし、巻き続けるも反応なし。足元のリップラップでザリガニを発見し、すかさずフラッピンホッグのテキサスリグをいれるとバイト!!リップラップに濃いグラスカバーが絡むエリアで反応が良かった。




1 Trackback / Pingback

  1. 烏丸半島北(琵琶湖オカッパリ釣果情報)2016年8月1日 – BiWAKO TRiP

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*