葉山川 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

南湖東岸では比較的大きな川、葉山川。河口域の川幅は約180mに及ぶ。葉山川の本流とは別に、両脇に水路が流れており、各水路の河口には水門が設置されている。河口北には駐車場があり、車でアクセスしやすい。今回は、<河口域><下流域>のスポット2カ所をご紹介します!




【 エリア周辺情報(葉山川) 】 <駐車場>〇 <トイレ>〇 <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(7月上旬)

映像は、『 河口域 ⇒ 下流域 ⇒ 河口域 』の順です。




【 スポット情報(葉山川) 】

IMG_0975

IMG_0974

IMG_0980

IMG_0982

<河口域>

広大なシャローフラットが続く葉山川河口域。水深は約1~1.5mほど。狙うポイントは、沖のウィード、水門の中、両脇のリップラップ、足元の護岸など豊富!ただし、雨が降ると山からの水が流れ出し、ひどい濁りになるので注意が必要。また、河口域はゴミが溜まりやすいので、根掛かりにも注意したい。ルアーは、トップウォーター、バイブレーション、テキサスリグやネコリグなど。

IMG_0991

IMG_0989

IMG_0993

IMG_0988

<下流域>

葉山川の下流域は足元が良く、長さ400mほどの護岸が続く。オカッパリしながら上がっていけるが、少し高さがあるので注意したい。水深は約1.5mほどで、上流に進むとどんどん浅くなっていく。まずは、護岸の足元を丁寧に。また、護岸の切れ目やウィードが濃い場所ではバスの反応が良い!水門の裏側にもバスが待機している可能性があるので、忘れずに攻めたい。ルアーは、バズベイトやスイムベイト、テキサスリグやネコリグなどで。

【 オカッパリ釣果情報(葉山川) 】

画像 053

画像 176

<スポット>下流域、<時期>8月上旬、<ルアー>ラバージグ3/8oz、<タックル>ロッド:6’8ft MH、リール:ハイギア7.1:1、ライン:フロロカーボン16lb

夏の日の夕暮れ直前。葉山川の下流域を上がって行くとウィードの濃いエリアを発見。水の流れの当たるウィードの際にラバージグをフリップで入れると着底後に即バイト!!ナイスコンディションの50cm&5lbオーバーをキャッチ。

<スポット>河口域、<時期>9月中旬、<ルアー>テキサスリグ1/4oz、<タックル>ロッド:6’8ft MH、リール:ハイギア7.1:1、ライン:フロロカーボン14lb

葉山川の河口域中央部に点在するウィードの塊にテキサスリグを入れて出してを繰り返しながら探っていると、ウィードの中でひったくるようなバイト!!減水状態でコンディションが良くない中、風が吹き出したタイミングでのバイトだった。




1 Trackback / Pingback

  1. 葉山川(琵琶湖オカッパリ釣果情報)2016年7月29日 – BiWAKO TRiP

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*