赤野井北 (琵琶湖オカッパリ情報 南湖東岸)

春のスポーニングエリアとして有名な赤野井湾。ちょうど中間に位置する赤野井漁港から、南側を『赤野井南』、北側を『赤野井北』に分けて紹介したい。エリア全体は、水深約1~1.5ⅿのシャローフラット。また水門から北側へ葦林が続き、春のスポーニングエリアとして超有名!また水門の内側の水路もオカッパリで人気が高い。今回は、<水門周辺><オーバーハング周辺>のスポット2カ所を案内しよう。


【 エリア周辺情報(赤野井北)】 <駐車場>〇 <トイレ>〇 <自販機>× <コンビニ>×

まずは動画でエリア全体をチェック!(7月上旬)

映像は、『 水門周辺 ⇒ オーバーハング周辺 ⇒ 水門周辺 』の順です。



【 スポット情報(赤野井北) 】

IMG_1195

IMG_1191

IMG_1196

IMG_1194

<水門周辺>

比較的大きな水門エリア。水門前は水深50㎝~1mとやや浅く、カバーは葦などの水生植物が豊富。ここは春のスポーニングエリアとして人気が高い!また水門を抜けると小さな内湖が広がり、春には上流の法竜川でもビッグバスが目撃されている。ルアーは、スピナーベイト、バズベイト、フロッグ、テキサスリグなどがオススメ!!

IMG_1197

IMG_1189

<オーバーハング周辺>

水門の南側に続くリップラップエリア。この一帯はオーバーハングが形成されており、また足元にはベジテーションやレイダウンなどのカバーが豊富。一か所で粘らず、エリア全体を素早くラン&ガンでチェックしよう!ただし、足場が悪いので長靴、もしくはウェーダー着用がベスト。ルアーは、スピナーベイトやテキサスリグでぶち抜く!!

 

【 オカッパリ釣果情報(赤野井北)】

DSC05317

DSC05318

<エリア>赤野井北/水門周辺、<時期>5月上旬、<ルアー>ブレードジグ3/8oz、<タックル>ロッド:7’3ft MH、リール:エクストラハイギア8.5:1、ライン:PE56lb

水門沖に広がる葦際をブレードジグで攻めるもバイトなし。その後、少し岸際へキャストし、水中のグラスカバーに掛けて外した瞬間にバイト!雷魚!?ヒットエリアは、水の流れが無く、閉鎖的で水質があまり良くない状況だった。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*